年齢確認に必要なものとは

まず、コンビニなどでお酒やタバコを買う際に年齢確認ができる物の提示をお願いされたことがある人は少なくないのではないでしょうか。ここでは保険証や免許証の確認を求められます。簡単ですよね、

未成年かどうか確認するためです。 では、omiaiここではどうでしょうか、お見合いの場で相手の年齢確認を・・・ちょっと待って、それはあまりにも失礼なのでは?私もそう思います。

 

お見合い相談所などを利用した場合には企業側がしっかり年齢確認をした上で紹介してくれますが、個人的なお見合い、例えば友達や知り合いを通してなどといった席の場で見た目が余りにも若すぎる、あまりにも老けているなどといった場合、友達や知り合いにこの人は本当にこの年齢なの?なんてよっぽどのことがない限りきけません。

 

そんな時にさりげなく年齢確認できたらいいですよね。

ここからは、私の友人の体験談を交えて話していきたいと思います。私の友人(以後Aとする)が結婚しようと付き合っていた男の人がある日家から荷物をまとめて出て行ってしまったんですね、そんな時に知り合いから勧められたお見合いなわけなんですが、写真を見たらなんとイケメンなんですよ。

ところがいざ会う日になって行ってみるとあれ?イケメンどころかものすごい地味な若者に見えるのですが・・・そこにはAが写真で見たイケメンとは程遠い若者がいたんですね。その話に私もがっかりでした。

ですが見た目重視なわけではないA、本当にその年齢なのか気になってしまったんですね。

 

でもどうやって聞こう・・・ここでAが思いついた年齢確認の方法がものすごい賢かったんです。

まずは、このあと飲みに行きませんか?とどう考えても若すぎるその見た目にバーの人も年齢の確認をせまってくると思ったんですね。

2人でバーに行ったら案の定店主にきかれたそうです。

君、未成年じゃないかい?って。そんな時にその若者少し困った顔をしたらしく、Aはやっぱり未成年か…と思ったのですが、おもむろに財布から免許証を取り出したんです。

 

確かに成人もしていたしなんなら本当にAの年齢と大差なかったんです。 年齢を確認する際に必要なものはもちろん、保険証や免許証などとコンビニとかわりないですが、お見合いの場で年齢の確認をしたい際には優秀な頭脳も必要なのではないかと思います。

一番手っ取り早いのは見せてほしい。という勇気なんじゃないか。という人もいると思います。ですがそれが難しい方はAを参考にしていただけたらいいなと思います。